私たち、来世もオタクがいいね。

私たち、来世もオタクがいいね。

オタクは死んでも治らないということを日々綴っていく日記です。

シン・エヴァンゲリオン劇場版

何だかんだとズルズルしてしまって、気づけば公開から2か月以上が
経ってしまいましたが、いよいよシンエヴァを観に行ってきました…!
あまり、大っぴらにネタバレを書く気はないですが、それでもどうしてもネタバレは
含んでしまうとは思いますので、これから観ようと思っている方は、
その辺りはご理解の上、先にお進みください。


今までとは違い、今回はしっかりと予習という名の復習は済ませていたので、
導入からすんなりと入って行けました。
とはいえ、そこはエヴァですから、1本の映画という中にも、
何度となく超展開が繰り広げられるわけで、ついていけてたかというと、
正直自信はない。(w
でも、今までのエヴァも含めて思うのは、エヴァって頭で理解するような作品ではなく、
各視聴者がそれぞれの感覚や経験を踏まえて、作品を通じて心で何かを感じるような
作品だと思っているので、ストーリー展開についていけてたか否かとかっていうのは、
もはや問題ではないのかな、と自分は思っていたりします。

そういう意味では、14年という時間的経過であったり、シンジの心の成長、
アヤナミのゼロからの歩み、アスカの葛藤、その他周辺のサブキャラたちの
それぞれの生活ぶりや成長を見ることで、このエヴァという作品に出会ってからの
実に25年という月日の中での自分自身の生活の歩みや成長とを重ね合わせながら、
どこか自分自身の物語の一部でもあるような、そんな感覚で楽しめました。
3時間弱の作品ということで、映画としてはかなり長めの作品ではあるとは思いますが、
とはいえ、たった3時間で、劇中での14年間だけでなく、リアルに経過した25年間をも
感じることができるという、何とも不思議な感覚でした。

思い起こせば、TVシリーズの放送が始まったとき、私はまだ高校生。
あの時は、興味を引く設定と謎が謎を呼ぶストーリー展開で、訳も分からず、
ただただ追いかけていました。
あれから、早25年…。
正直、見終わってみて、監督が描きたかった全編通したストーリーとしては、
ほとんど理解できていないような気はしますが、それでも構わないというか、
これが今の自分のエヴァの見方、感じ方なのかな、と妙な納得感は感じています。
そして、理解できたかどうか以前に、エヴァという作品の終わりを、
見届けることができたという感謝と喜びはすごく感じています。

それこそ、今はコロナ禍真っ只中で、映画に行くにも躊躇するような状況ではありますが、
そんな中でも、劇場に行って、この作品を見届けることができて、
本当に良かったなと心から思いました。

内容については、見た人の数だけ解釈があるような作品なので、
賛否両論あるでしょうが、それでも、いろんな人に観てもらいたいとは強く思います。
TVシリーズを見てハマり、その後エヴァを離れてしまった人も多いと思いますが、
特に、そういう人にこそ、ぜひ観てもらいたい。
そして、自分なりのエヴァの決着をつけてもらえればな、と思います。

とまぁ、かなり自分なりの都合の良い解釈で楽しんでしまいましたが、
とはいえ、監督が描きたかった内容も理解はしたいとは思っていますので、
それはそれで、分からないなりに作品を何度も見返すことで、
その深層に少しでも迫れればなーとは思っています。(w

それこそ、あと十数年後、今の監督と同じ年ごろになってから見返すと、
案外すんなりと理解できたりするのかもなー。(そんな単純じゃないと思うw

シンエヴァ鑑賞に向けた予習 ~Q~

今日は、我らが沢渡ほのか嬢の誕生日!
そんなめでたい日ではありますが、許せよほのか…。私には時間がないのだよ。

というわけで、「Q」見たー。
内容こそ、ほとんど覚えていないものの、公開当時、いきなり劇場で観て、
なかなかの超展開に、かなり置いてけぼりを食らったことだけは覚えていたんですが、
さすがに、「序」「破」「Q」と一気見したことで、当時に比べれば、
まだついていけたのかなぁと、勝手に納得。
改めて見返すと、「急」じゃなく、「Q」としたところに、
この内容の意味、みたいなものを感じることができた気がします。
…いやまぁ、結構適当ですけど。(w

そんなこんなで、予習という名の復習も何とか完了。
さぁて、次回「シンエヴァ」もサービスサービスぅ!

シンエヴァ鑑賞に向けた予習 ~破~

5/15に向けて、時間的余裕もないので、どんどん行きますよ!
ってことで、「破」見ましたー。

さすが「序破急」の「破」というだけあって、終盤にかけての展開が怒涛すぎて、
いろいろとついていけなかったかなぁ。
正直なところ、ちょこちょこ巻き戻して自分なりに整理したいところですが、
とにかく、私には時間的余裕がないので、この"わからなさもエヴァ"と割り切って、
次を急ぎます。
さぁて、次回「Q」もサービスサービスぅ!

エヴァ視聴の歴史を振り返る

「序」の復習をし始めた時に、「破」と「Q」は公開当時に見て以来見返してない!
とか書きましたが、よくよく過去のブログを漁ってみたら、普通に見てましたね。(w

ということで、過去の記事を再掲しておきます。
country92.hatenablog.jp
country92.hatenablog.jp
country92.hatenablog.jp
country92.hatenablog.jp
country92.hatenablog.jp
country92.hatenablog.jp
こうやって見るとと、それぞれ1回ずつは見返してるやん。
映画の内容はおろか、見返したことすら覚えてないという、貧弱な記憶力。
やはり、人間、老いには勝てませんわ…。(w

でも、1つ覚えているのは、序破Qともに、劇場で観てきたということ。
つまり、最後のシンエヴァも劇場で見届けねばならないのです…!

シンエヴァ鑑賞に向けた予習 ~序の続き~

シンエヴァ鑑賞に向けた予習を始めてから、早2週間…。
未だ「序」の途中まで見れてない今日この頃。
それもこれも、仕事の忙しさと、新番の多さが悪いんじゃー。

そんな中、ついに入場者特典の第3弾が発表になりました。
て、5/15から配布開始…だと…!?
いや、あと4日しかないじゃないかっ!
これはうかうかしていられない。
新番も仕事もそっちのけで、予習を再開します。

で、早速、会社帰りに「序」を見終わりましたー。
まぁ、「序」はこれまでも何度か見返してるし、ストーリー自体も
ほぼTV版が踏襲されてるので、さすがに記憶も新しかったけど、
それでも、何だろう。純粋に楽しめたっていうか、普通に面白かった。
おかしなこと言うようだけど、エヴァってこんなに面白かったんだ。
みたいな、そんな感覚。
しばらくエヴァに離れていたことで忘れていた純粋な感覚を
思い出させてくれました。
さぁて、次回「破」もサービスサービスぅ!